就職を有利に進めるために準備しなければいけないこと

就職活動を有利に進めていくために知っておきたいこと

>

就職活動をこちら側に有利に進めるための事前準備

最近の就職活動の現状

新卒の方もリストラ組やキャリアップ組も就職活動は世間の情報に比べると裏腹に厳しいものがあると思います。
特に大企業の人員削減方向や人手不足なのに経営難で人を雇えない中小企業、そういった状況の中での就職活動は苦戦のことと思います。
そういったなか、どうやったらこちら求職者側有利に就職活動を進めていったらよいのか考えるところではあります。
中途採用向けセミナーや新卒は企業相談会なども数行われてはいますがどれもパッとしませんね。
こういった状況ではやはり事前の情報収集が一番大きな鍵になってくると思います。
タダでさえ職安は人の山になっている現状、これを打破していくのは並大抵ではありません。
となると頼れるのは自分の足と情報だけということになります。

まだまだ求職側には厳しい状況

政府の発表では雇用情勢は上向きとありますが本当にそうでしょうか。
現実とはかなりの開きがあるようです。
実際、面接などの傾向では若い人に企業の要望が集中し、大企業の人員削減で雇用を切られたいわゆるリストラ組の就業率は一向に良くなりません。
一方、若い人の場合も若年層の離職率が最近高いのを敬遠して採用に慎重な企業が多いと聞きます。
そして日本の一番悪いところですが、年齢の高い正社員を定年まで使う終身雇用のノリからいまだ脱却しておらず、お荷物がそのまま居座り新しい血が入ってこないという悪循環にあえいでいる企業は多いですね。
また社員で使うよりパート、アルバイトで雇用を代用しようという動きも多く、派遣社員などしか道が無いという例も多いです。


この記事をシェアする